タグ別アーカイブ: ブランク

kiku

復職で心配になることは必ず聞くことが大切

 

kiku看護師の仕事は、
人の命を預かるということもあり、
どうしても時間通りに終わらない。

ということが多くありますよね。

 

臨床現場で働いていた時には、
常に残業が当たり前という状態だった人も多いと思います。

でも、家庭などがあり、
残業が難しいと考えている復職希望者もいますよね?

 

最近ではこのような看護師に配慮してか、
「ブランクOK」「残業なし」
といったことが求人票に書かれているものが多くあります。

でも、実際に残業がないのか、
ブランクがあっても問題がないのかという点については、
やはり就職してみないと分からないところは多くあります。

 

就職に際して、
本当のところが一番問題になりますよね。

このような問題をしっかりとクリアするには、
どうしたらいいのでしょうか。

 

やはりしっかりと聞く。
ということは大切です。

求人に応募するときには、まず自分の条件面ということを考え、
そして求人先が求めている条件が合っているのかを
確認することが大切ですよね。

 

本当に残業がないのか、
自分自身のブランクがどの程度で、
それでも問題がないのかなどは重要です。

面接の際に質問をすることは緊張するかと思いますが、
実際に入職が決まってから確認するのでは遅いので、
必ず聞くことは事前にメモなどに書き、質問をする、聞く。

 

ということを実施するようにしてください。

hebuj

看護師が上手にブランクから復帰する方法!

求人はあるけどブランクが不安

hebuj
夜勤や残業が多い看護師の世界では、
結婚や出産をきっかけに退職するケースも
少なくありません。

しかし、医療機関を受診する
患者数が増える一方で

 

看護師数の足りない病院は、
その確保に躍起になっており

専門サイトなどに
多くの求人を掲出しているところです。

 

さて、そうした中で一旦現役を退いた人の中にも、
もう一度現場に復帰したいと考える人は
一定数存在します。

しかし、実際に復帰を目指す場合に
ネックとなるのはブランクの問題
です。

 

とくに技術の進歩が早い医療現場においては、
現場での業務のさばき方も日々変化しており、
この点を不安に感じる方も少なくない
のです。

 
 
 

まずはバイトで復職もアリ

こうした場合に効果的なのが、
バイトという就労形態
です。

正規の雇用となると夜勤や残業と言った
ハードな業務をこなさなければならず、
現場での責任も大きなものとなります.。

 

バイトであれば基本的に残業や夜勤の心配をせずに
勤務することが可能
なのです。

もちろん、賃金や社会保険の有無などの点で
正規の雇用に及ばないことも多々あります。

 

しかし、長期間のブランクを解消するためには、
バイトという雇用形態で徐々に体を
慣らしていくのが効果的です。

病院側としては、バイトとはいっても
専門資格を取得した者が勤務してくれることは
ありがたいことであり、
実際にバイトの求人も多く掲出されています。

 
 
 

復帰の第一歩は何?

leag
どのような仕事でも
ブランクがあると復帰が難しいですが、
特に看護師の復職は簡単なことではありません。

なぜかというと仕事が
患者の生命に関わってくる仕事だからです。

 

出産や子育てで仕事をしていない時間が
長くなってしまったために
技術面が落ちてしまうことや、

また最近は医療の進歩がとても早いので、
復職しようと思っても不安になってしまいます。

 

なので、復職するための第一歩として、
基本的な技術や知識等を教えてくれる研修を
受けておく必要
があります。

そうすることによって自分の技術や
知識を思い出していくことになります。

 
 
 

復職支援の研修を受けよう

復職支援として研修を
受けさせてもらえる病院を選んで
再就職
するといいでしょう。

新人看護師に戻ったつもりで
1から勉強して
たくさん吸収していくことが大事です。

 

また、勉強する際は何について不安があるのか、
自分が何を忘れて何を覚えているのかを
きちんと分けていくことが大事です。

苦手なことを後回しにせず、
何でも周りに聞いていくことで
復帰への近道となっていきます。

 

また、病院ではなく看護技術を使う機会が少ない
老人ホームに再就職するのもひとつの手であります。

また、体力面で不安がある場合は
パートから始めるという道もあります。